桂マサ子 , 桂マサ子を称えて Google Doodle

桂マサ子 , 桂マサ子を称えて Google Doodle

今日のDoodleは、1952年にこの日に国際ビリヤードのタイトルを争う最初の女性として歴史を築いた両手利きの日本の狙撃手マサコ「ビリヤードのファーストレディ」桂を祝います。

桂マサ子

桂マサ子

桂マサ子(桂マサ子、桂マサ子、このサウンドリッスンについて; 1913–1995)は、「Katsy」[3]と呼ばれ、「ビリヤードのファーストレディ」と呼ばれることもありました[4]。 1950年代に活躍。 桂は、プロのビリヤードの男性が支配する世界で最高の選手の中に競争し、配置することによって、スポーツの女性のための道を切り開いた。 最初は義兄からゲームを学び、次に日本のチャンピオンである松山金嶺の指導の下、桂は日本で唯一の女性プロ選手になりました。 日本での大会では、全国スリークッションビリヤード選手権で3回2位になりました。 展示会では、ストレートレールの試合で10,000ポイントを獲得したことで知られています。

Katsura lining up a shot at the 1954 World Three-Cushion Billiards tournament in Buenos Aires
Personal information
Native name 桂 マサ子
Nickname(s) Katsy
Nationality Japanese
Citizenship American
Born 1913
Tokyo, Empire of Japan
Died 1995 (aged 81–82)[2]
Japan
Occupation Professional carom billiards player
Spouse(s) Vernon Greenleaf

​(m. 1950; died 1967)​
Sport
Country Japan
Sport carom billiards
Turned pro 1947
Coached by Tomio Kobashi
Kinrey Matsuyama
Retired 1961

1937年、桂は日本のスリークッション選手権で何度も優勝した松山金嶺と出会った。 松山もアメリカ人でした 1934年の全国チャンピオン、他の3回の準優勝、そして第二次世界大戦前の18.2ボークラインでの世界大会で4回の2位フィニッシュを果たしました。 松山は桂に感銘を受け、トップレベルのプレーを教え始めた。 1947年までに、桂は日本で老舗のビリヤードスターになりました。これは日本で唯一の女性プロ選手です。

桂マサ子を称えて

彼女の最初のメンターは彼女の姉の夫であり、日本のチャンピオンの松山金嶺がそれに続いた。松山の指導の下.

桂は日本で唯一の女性プロビリヤード選手になりました。日本では、スリークッションビリヤードトーナメントで3回2位になりました。

彼女は1950年に在日米軍の将校と結婚し、1951年に夫と一緒に米国に旅行しました。

彼女は1952年に世界スリークッション選手権に特別出演し、10人中7位にランクされました。

桂は世界大会に出場した最初の女性になりました。彼女は彼女を有名にし、8人の世界チャンピオンのコクランと51人の世界チャンピオンのホッペでアメリカをツアーしてきました。

彼女は1953年に世界スリークッション選手権で5位、1954年に4位でした。

  • 生年月日: 1913年
  • 出生地: 東京都
  • 死亡日: 1995年

ウィキペディア

Tagged with: